前へ
次へ

インフルエンザを確実に予防しましょう

もしインフルエンザウイルスに侵されてしまうと、毎日の生活に大きな制限がかかってしまいます。

more

インフルエンザで知っておきたいことは何か

インフルエンザにかかった場合には、すぐに病院に行く必要があります。
ただ、病院に行ったとしても

more

インフルエンザは潜伏期間がある

インフルエンザも、高齢者では重症化することもありますから、経過観察が必要です。
しかし、発熱や

more

インフルエンザと普通の風邪の違い

インフルエンザにかかったのか普通の風邪にかかったのか素人が判断することはできません。
ウイルスに感染したのではないかと思う思われる時には、できるだけ早急に近くの病院で診てもらいましょう。
簡単な検査をしてもらえばすぐに判別がつくのです。
一番行ってならないのは自己診断をして、薬局で適当なお薬を買って服用するということです。
これが一番危険なことことです。
風邪をひいた時でも、それが、なにか普段の風邪とは違うなと感じたら、すぐにかかりつけのお医者様に相談しましょう。
インフルエンザとは一体何でしょうか。
それはウイルスで感染する感染症です。
ウイルスはとても小さいものです。
その種類には三つのタイプがあります。
ABC の三つのタイプがありますが、 そのうち人間に感染するのは A型と B 型であると言われています。
A型は人以外にも動物にも感染します。
このウイルスの小ささは ざっくりとしたところで100 ナノミリメータ ということです。
ナノとは百万分の一を示す単位のことです。
インフルエンザの症状ですが、まず咳や喉の痛みの 呼吸器系の障害が発生します。
それから大きな特徴は高熱が発生することです。
通常の風邪では40度を超すような熱は出ませんが、ウイルスが原因で発生するインフルエンザの場合には40度を超えるような熱がしばしば発生します。
これは小さな子供たちにとってはとても危険なことです。
熱を測って40度を超していたら、ことは緊急を要します。
できれば救急車を呼び、すぐに病院に搬送いたしましょう。
脳が障害を引き起こさないようにすぐに氷枕で頭を冷やすこともとても大切です。

部分矯正ができる広島市中区の歯医者
口内全体以外の矯正治療承っております

外部産業医にストレスチェックを任せる
外部のプロが適正に検査しますのでご安心ください

訪問治療もできる歯医者
通院が困難な方はお気軽にお申し付けください

社会福祉をサポートする草加市の歯医者
様々な歯科治療で支えていきます

http://sapporo-kaigo-oshigoto.com/
自分のこだわりに合った最適な職場をお探しの方は、札幌・介護のお仕事紹介センターのご利用が便利です。

普通の風邪とはどう違うのでしょうか。
普通の風邪は喉の痛みとか、くしゃみ、咳などが中心ですが、強い倦怠感とか、全身的な症状は現れません。
ところがウイルス性の場合では違います。
まず高熱が発症しますので、例えばビジネスマンや学生さんでも仕事や勉強が全くできないような状態になります。
こうなれば医者にかかって適切なお薬を処方してもらう以外に道はありません。

Page Top